GINPO

Since 1932

国内トップシェアの実績を持つ土鍋ブランド

GINPOが誕生した1932年以来、伝統と革新をコンセプトに時代にマッチした製品を生み出し続けてきました。世界中の粘土や鉱物をオリジナルに調合することで実現する優れた耐久性、高級耐熱原料であるL.A. ペタライトがもたらす耐熱強度、そして老舗のノウハウが詰まった実用性の高いデザインは3代に渡ってその技術を継承しています。

IDENTITY


GINPO(銀峯陶器)の創業地である三重県四日市市は萬古焼の産地です。この場所は美濃焼・瀬戸焼・清水焼など優れた産地に囲まれ、かつ原材料である粘土が豊富に取れる土壌ではありませんでした。それは市中に流通する焼き物の品質にも影響し、当時は出来栄えの良い焼き物は少なかったそうです。そこで焼き物の行商人であった創業者・熊本捨松は自ら窯を開き、品質へのより一層強いこだわりをもって製作を始めました。独自に粘土や釉薬をブレンドする技術はこの頃から養われ、1950年に代表作である「墨貫入」を発表。料亭などを中心としたヒット商品となり、土鍋メーカーとしてのポジションを確立しました。2代目である熊本哲三は当時国内では初めて、抹茶碗に使われる技法を土鍋に転用し、「花三島」を発表。土鍋は白地に絵柄であるという世間の常識を覆したこの作品は、新たな土鍋のスタンダートとして約50年の年月が経つ今日に至るまで製造が続けられています。そして現社長である3代目の熊本哲弥はモダンでカラフルなデザインを開発 。技術にこだわる哲学を貫き、伝統と革新のエッセンスを加えたものづくりを続けています。

テーブルを華やかに彩る次世代土鍋 / 菊花

不動のロングセラー / 花三島

1955年から生産を続けている名品 / 墨貫入

ICON


約半世紀以上にわたって人々から愛され続けているのが「花三島」。土と釉薬の中間の性質を持つ白絵を刻印に塗り込む技法を「三島」と呼び、それは陶芸作家が用いるような技術でした。2代目はこれを土鍋に取り入れ、製品化することに成功。しかし当初は鍋肌が小豆色のような色で花の文様が細かく並んでいたため、人々からは敬遠されました。それから改善を重ね、鍋肌を薄いグレーにし、花の文様もより大きく均一に配置。すると人々の暮らしに馴染みはじめ、現在に至るまで愛され続けるロングセラーとなりました。

OUTLOOK


 

2012年に世界初の研磨加工を施した無水調理土鍋「BLISSIO」を発表。また、2018年にはGINPO初の料理人とのコラボ商品であるごはん土鍋「亶 – SEN -」をリリースしました。持ち前の技術力を背景に、革新的な製品開発を行っています。近年ではアメリカ、オーストラリア、シンガポール、中国、台湾、香港など世界へ幅広く展開しています。日本食レストランだけではなく海外の食文化に適した耐熱食器の開発を進めており、今後も多くの食卓シーンを彩る存在へと成長を続けていきます。

FAMILY